バレンタイン

バレンタインの思い出

バレンタインというと、大人になってからは、会社の上司や同僚にあげる義理チョコや、彼氏にあげた高級チョコの記憶しかありません。心を込めて、とか緊張しながら、など真剣な思い出バレンタインを迎えたことはなかったかも。

 

でも小学生の時の思い出は一番心に残っています。
小学3年生の時、幼稚園時代から好きだった男の子にチョコを作りました。
ハート型の片抜きチョコを、ガラスのボトルに詰めて男の子の家の前で待っていました。

 

でも彼は現れず、(約束もしていませんが)表れたのは彼のお母さんでした。
お母さんに渡す勇気もなかったので、ササッと隠れていました。

 

その後、私は彼の家の庭にチョコを置いてきてしまいました。しかも名前も書かずに。
大人になってみると、なんであんなことしたんだろう、あのチョコはお母さんに不気味がられて廃棄されたのかなあ、などと想像にふけります。

 

少女だった私は彼に届いたと思っていたのだと思います。
子供って良くわからない行動をするけれど、純粋でかわいいです。

 

今は自分も2児の母となり良い歳になりましたが、彼ももう良いお父さんになっているのだろうな、などと、とっても切ないような気持になります。
あの頃の自分の背中を、ドンと押して勇気づけてあげたいです。

 

>>バレンタインのアルバイト