バレンタイン

照れ隠しをしながら

これは私が小学2年生の時のことです。その時私にはAちゃんという仲のいい女の子がいました。幼稚園からずっと一緒で「大きくなったらAちゃんと結婚するー!」と言ってお互いの
両親も「あらあらよかったわねぇ」と言ってくれるようなそんな関係の女の子でした。
そして小学2年生のバレンタインの時に私は生まれて初めてバレンタインチョコというものをもらいます。相手はAちゃんでした。その時私の頭の中には「バレンタインでチョコをくれる=相手のことが好き=その人と結婚する」というとてもシンプルで短絡的な構図が出来上がっていました。
私は幼稚園の時から「Aちゃんと結婚するー」とは言っていましたが、バレンタインでチョコをもらった瞬間になぜかその「結婚」という2文字が急に現実味を帯びてきてとても恥ずかしくなってしまったのです。「あ、ありがとう・・・もらってやるよ」なんて少し強がって照れ隠しをしながらチョコをもらった私でしたが、もらった瞬間にAちゃんの顔も見ずにダッシュで家に帰ってしまいました。
その日以降なんとなくAちゃんに接するのが恥ずかしくなってしまい少しずつよそよそいしい態度をとってしまったのですが、Aちゃんもそれを感じ取ったのか2人の距離は少しずつ離れていってしまい、4年生の時にAちゃんは転校していってしまいました。今でもあの時のことを思い出すと何となく胸が苦しいような不思議な気持ちになります。