バレンタイン

どんでん返し

私は大学生の時に同じバイト先の女子で気になる子がいました。1つ下の後輩で笑顔がとてもかわいくてノリのいい子だったのですが、周囲の噂を鑑みるにかなり競争率の高い相手でした。

 

そしてバレンタインを2日後に控えた日、私は彼女から「好きな相手にチョコをプレゼントしたいので男性目線でアドバイスください」と彼女からチョコ選びのお願いを受けました。

 

私は何が悲しゅうて好きな相手が違う男にあげるチョコを選ばにゃならんのだと悲嘆に暮れながら、彼女と一緒に阪急百貨店に行って自分なりのアドバイスをしました。
途中で「これどういう基準で選んでるんですか?」と聞かれたので「え?自分が食べたいやつ」と返すと「ふーん」という返事。
そして無事チョコ選びも終わり、彼女に連れられウィンドウショッピングをしたり喫茶店で話したりしてすっかりもう帰る時間になりました。
すると彼女が「○○先輩、これ自分で食べたいやつなんですよね?はい!」と先ほどのチョコを渡してきたのです。
「いやそれあげるやつやん」と答えると「もう!にぶい!だから今あげてるんです!」という返事が。
私がびっくりして返事ができずにいると小声で「付き合ってください」と言われました。突然のことで驚きましたが、返事はもちろんOK。

 

今までで一番素敵なバレンタインの思い出になりました。