バレンタイン

バレンタインで親友をなくした思い出

私はバレンタインが近づくと思い出す、苦い思い出があります。小学生の6年生のときでした。私は、女の子仲間と好きな男の子の話をよくしていました。でも、私と親友のA子には、かっこいいと思っても好きな子はいませんでした。でも、ある時転校生のT君に二人で、恋してしまいました。走るのが早くて、優しいT君に私たちは夢中でした。二人で一緒の人が好きであることが楽しくて、修学旅行では、一緒に写真を隠し撮りし、交換しました。
2月のバレンタインは、もちろんチョコをあげることにしていました。私たちは手作りは苦手。迷わず市販品を買いに行きました。選ぶのも、渡すときのことを考えるのも、キャーキャー言って、楽しかったです。チョコを買った後も、どこでどうやって渡すか、相談して、当日をわくわドキドキ待ちました。
当日は、人が少ない時に、二人で一緒に渡し、話もせず、逃げてきました。ホワイトデーが楽しみ。そこまでは本当によかった。
ホワイトデーに私たちが親友でなくなる出来事が起きました。
ホワイトデーの日、私は、T君の仲良しの子に呼ばれて、教室の外に出ました。そしたら、そこにT君がいて、「はい、これバレンタインのお返し。もう一つはA子にわたして」と言われました。キャー嬉しい!と言うより、どうして、二人一緒の時に渡してくれないの〜と思いました。案の定、A子は私が二人分のお返しをもらったことをすねて怒りました。何とかなだめ、二人で放課後、もらったものを開けてびっくり。私の方のお返しの中に手紙が入っていて、良かったら、付き合ってほしいなどと書いてあったのです。A子に見られなきゃよかったのですが、ばっちり読まれてしまい、A子は泣いて、帰ってしまいました。
その日から、A子は私の親友ではなくなりました。私はT君と付き合ってません。女友達の方が大切で、一緒にいたいと思ったから。でも、A子は傷つき、私を避けるようになり、そのまま卒業でした。中学は分かれてしまったので、小学校生活もあと少しというところで、親友を失ったのです。
T君とは、中学が一緒で、ずっとまあまあ仲のいい友達した。後々まで、あの時、お前は俺をフリやがったと言われていましたが、そのたび親友を失った出来事を思い出し、T君にパンチしていました。